中村 航洋
(なかむら こうよう)

居室
西早稲田キャンパス59号館4F407-1B号室
TEL
03-5286-3335
E-Mail
専門分野
魅力知覚・美的選好・顔認知・選好意思決定・認知神経科学

経歴

学歴

  • 2012年3月
    慶應義塾大学文学部人文社会学科心理学専攻 卒業
  • 2014年3月
    慶應義塾大学大学院 社会学研究科心理学専攻 修士課程修了
  • 2017年3月
    慶應義塾大学大学院 社会学研究科心理学専攻 博士課程修了
  • 2017年3月
    慶應義塾大学大学院 博士号(心理学)取得

職歴

  • 2015年4月〜2017年3月
    日本学術振興会特別研究員 DC2
  • 2017年4月~
    日本学術振興会特別研究員 PD
  • 2017年4月~2018年3月
    実践女子大学 非常勤講師
  • 2017年9月~
    慶應義塾大学 非常勤講師

研究業績

学術論文

英文

  1. Kawaguchi, Y., Nakamura, K., & Tomonaga, M. (accepted) Colour matters more than shape for chimpanzees’ recognition of developmental face changes Scientific Reports.
  2. Nakamura, K., Ohta, A., Uesaki, S., Maeda, M., & Kawabata, K. (2020) Geometric morphometric analysis of Japanese female facial shape in relation to psychological impression space Heliyon, 6 (19), 1-8  LINK     DOI 
  3. Nakamura, K., & Watanabe, K. (2020) A new data-driven mathematical model dissociates attractiveness from sexual dimorphism of human faces Scientific Reports, 10, 16588  LINK     DOI 
  4. Kobayashi, M.*, Nakamura, K.*, & Watanabe, K. (* Joint first authors) (2020/07) Sex Differences in the Motivation for Viewing Sexually Arousing Images PsyArXiv.
  5. Kobayashi, M., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2020/04) Attractive faces are rewarding irrespective of face category: Motivation in viewing attractive faces in Japanese viewers 2020 12th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST), 186-190  LINK     DOI 
  6. Tanaka, T., Mikuni, J., Shimane, D., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2020/04) Accounting for private taste: Facial shape analysis of attractiveness and inter-individual variance 2020 12th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST), 203-206.
  7. Kawaguchi, Y., Nakamura, K., & Tomonaga, M. (2020/03) Colour matters more than shape for chimpanzees’ recognition of developmental face changes PsyArXiv  LINK     DOI 
  8. Sasaki, K., Nakamura, K., & Watanabe, K. (in-principle acceptance) (Provisional title) Truth out of our awareness: Subliminal mere exposure drives illusory truth effect Royal Society Open Science.
  9. Nakamura, K., & Watanabe, K. (2019) Data-driven mathematical model of East-Asian facial attractiveness: The relative contributions of shape and reflectance to attractiveness judgements Royal Society Open Science, 6 (5), 182189  LINK     DOI 
  10. Nakamura., K. & Kawabata., H. (2018) Preferential access to awareness of attractive faces in a breaking continuous flash suppression paradigm Consciousness and Congition, 65, 71-82  LINK     DOI 
  11. Nakamura, K., Arai, S., & Kawabata, H. (2017) Prioritized identification of attractive and romantic partner faces in rapid serial visual presentation Archives of Sexual Behavior  LINK     DOI 
  12. Nakamura, K., & Kawabata, H. (2017) Mediating role of memory of another person's choice in social influence on preference Japanese Psychological Research, 59 (1), 1-13  LINK     DOI 
  13. Nakamura, K., & Kawabata, H. (2015) Transcranial direct current stimulation over the medial prefrontal cortex and left primary motor cortex (mPFC-lPMC) affects subjective beauty but not ugliness Frontiers in Human Neuroscience, 9, 654  LINK     DOI 
  14. Nakamura, K., & Kawabata, H. (2014) Attractive faces temporally modulate visual attention Frontiers in Psychology, 5 (620), e72071  LINK     DOI 
  15. Nakamura, K., & Kawabata, H. (2013) I choose, therefore I like: Preference for faces induced by arbitrary choice PLoS ONE, 8 (8), e72071  LINK     DOI 

和文

  1. 川口ゆり,中村航洋,友永雅己 (印刷中) 比較認知科学的に見る「幼児図式」の認知の進化 エモーション・スタディーズ.
  2. 中村航洋 (印刷中) 心理学における顔印象研究の動向と展望 エモーション・スタディーズ.
  3. 中村航洋・川畑秀明 (印刷中) 脳から美を測る,脳から美を操る ー美の脳内表現の精神生理学ー 生理心理学と精神生理学.

著書・総説

  1. 中村航洋・小林麻衣子・渡邊克巳 (2020/04) 進化心理学の視点から見た化粧の視覚効果 FRAGRANCE JOURNAL 2020/4月号【特集】化粧がもたらす心身機能への効果, 30-37, フレグランスジャーナル社.
  2. 中村航洋 (2019/10) 美人は一瞬で目を惹く―魅力と注意 美しさと魅力の心理, 30-37, 三浦佳世・河原純一郎, ミネルヴァ書房.
  3. 川畑秀明・中村航洋 (2017/11) 顔魅力への注意過程:高速逐次視覚提示による検討とその利用可能性 FRAGRANCE JOURNAL 2017/11月号【顔の魅力を科学する】」, フレグランスジャーナル社.

招待講演・特別講演

  1. 中村航洋 (延期未定) データ駆動型研究のすゝめ―顔の認知心理学研究における実践と課題―, 画像を探って心がわかるか―心理学研究における統計的画像処理技術の応用― 日本認知心理学会研究法研究部会, オンライン開催.
  2. 中村航洋 (2020/10/04) 顔学のトレンドを探る (話題提供者 瀬尾昌孝,中村航洋,松下戦具) 第25回 日本顔学会大会, オンライン開催.
  3. Nakamura, K. (2019/7/29-8/1) Data-driven mathematical modeling of facial attractiveness (Symposium: Science of Facial Attractiveness) The 15th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV), Osaka, Japan.
  4. 中村航洋 (2019/6/28) 顔・表情が伝えるもの(企画者 難波修史,話題提供者 難波修史,中村航洋,熊野史朗,指定討論者 小森政嗣,梅村浩之) 日本感情心理学会第27回大会プレカンファレンス, 東海学園大学 名古屋キャンパス(愛知県名古屋市).
  5. 中村航洋 (2018/11/25) 愛され理論 0.1秒で決まる?!好感力 (ゲスト おのののか,話題提供者 中村航洋,長島愛,林慎太郎) 慶應義塾大学 第60回三田祭, 東京都港区.
  6. 中村航洋 (2018/9/25-27) 顔魅力の心理学(企画代表者 渡邊克巳,企画者 山口真美,話題提供者 中村航洋,三枝千尋,下條信輔,入戸野宏,David Perrett) 日本心理学会第82回大会(公募シンポジウム 話題提供), 仙台国際センター(宮城県仙台市).
  7. 中村航洋 (2018/7/22) 顔印象を科学する ー印象を測る・操作する技術の開発を目指してー 日本顔学会若手交流会第16回定期交流会, 早稲田大学西早稲田キャンパス(東京都新宿区).
  8. 中村航洋 (2018/1/20) 計算モデリングと実験心理学的アプローチによる顔印象知覚メカニズムの探求 日本基礎心理学会平成29年度第2回フォーラム 「顔から読むー音声・印象・視線の知覚研究」, 愛媛大学総合情報メディアセンター(愛媛県松山市).
  9. 中村航洋 (2016/8) 顔魅力知覚の普遍性と個人差 ―顔魅力の知覚メカニズムを探る― 日本視覚学会, 新潟県新潟市.
  10. 中村航洋 (2015/11) 無自覚的魅力評価に伴う魅力対象への注意バイアス Cognitive Science Meeting, 千葉.

国際会議

  1. Sasaki, K., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2020/7/19-24) Higher discrimination sensitivity for trustworthiness than untrustworthiness from facial appearance The 32nd International Congress of Psychology, Prague, Czech Republic.
  2. Kobayashi, M., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2020/07/19-07/24) Effect of sexual orientation on the incentive salience of the sexual arousing image The 32nd International Congress of Psychology, Czech Republic, Prauge.
  3. Kawaguchi, Y., Nakamura, K., & Tomonaga, M. (2020/07) Color matters more than shape for chimpanzees' recognition of developmental face changes The 57th Annual Conference of the Animal Behavior Society (ABS2020), Online.
  4. Lee, K. R., Nakamura, K., Nakashima, Y., Yamaguchi, M., Watanabe, K., & Webster, M. A. (2020/05) Individual and population differences in face categories Vision Sciences Society 2020, Online.
  5. Kobayashi, M., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2020/05) Attractive faces are rewarding irrespective of face category: Motivation in viewing attractive faces in Japanese viewers The 12th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST2020), Pattaya, Thailand.
  6. Tanaka, T., Mikuni, J., Shimane, D., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2020/05) Accounting for private taste: Facial shape analysis of attractiveness and inter-individual variance The 12th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST2020), Pattaya, Thailand.
  7. Kobayashi, M., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2019/11/02-11/03) Sociosexuality judgments based on physical appearance The 58th Annual Convention of the Taiwan Psychological Association, Kaohsiung City, Taiwan.
  8. Chen, N., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2019/8/25-29) Red biases sex categorization of bodies The 42nd European Conference on Visual Perception (ECVP 2019), Leuven, Belgium.
  9. Nakamura, K., Mikuni, J., Leder, H. & Watanabe, K. (2019/8/25-29) Data-driven mathematical model of universality and cultural differences in facial attractiveness judgements The 42nd European Conference on Visual Perception (ECVP 2019), Leuven, Belgium.
  10. Kondo, A., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2019/7/29-8/1) Serial dependence in perception of facial attractiveness The 15th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV2019), Osaka, Japan.
  11. Lee, J., Nakamura, K., & Watanabe, K. (2019/7/29-8/1) Female bias in face memory The 15th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV2019), Osaka, Japan.
  12. Nakamura, K., & Watanabe, K. (2019/7/29-8/1) Data-driven mathematical modeling reveals hidden cues to attractiveness: Are attractive faces always feminine-looking? The 15th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV2019), Osaka, Japan.
  13. Yarimizu, H., Nakamura, K., Watanabe, K., & Yamaguchi, M. (2019/7/29-8/1) Cultural differences in the generalization of the mere exposure effect The 15th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV2019), Osaka, Japan.
  14. Zhou, Y., Nakamura, K., Murata, A., Watanabe, K., & Watanabe, J. (2019/7/9-12) An investigation of the influence of false heartbeat feedback on subjective facial attractiveness IEEE World Haptic Conference 2019, Tokyo, Japan.
  15. Kobayashi, M., Nakamura, K., & Watanabe, K (2019/3/7-9) Gender differences in effort-based motivation to view sexually arousing stimuli International Convention of Psychological Science (ICPS2019), Paris, France.
  16. Nakamura, K., & Watanabe, K. (2018/7/13-16) Data-driven quantitative modeling of facial attractiveness. The 14th Asia Pacific Conference on Vision (APCV 2018), Hangzhou, China.
  17. Nakamura, K., Tanaka, T., Naya, C., & Kawabata, H. (2017/8/27-31) Electrophysiological brain dynamics during preconscious processing of facial attractiveness he 40th European Conference on Visual Perception (ECVP 2017), Berlin, Germany.
  18. Nakamura, K., & Kawabata, H. (2017/7) Transcranial direct current stimulation over the medial prefrontal cortex affects the subjective experience of beauty Asia-Pasific Conference on Vision, Tainan, Taiwan.
  19. Nakamura, K. (2017/3) Preconscious processing of facial attractiveness under continuous flash suppression: psychophysics and EEG studies New Directions in Empirical Research of Humanity, Keio University (University of Vienna International Symposium), Tokyo, Japan.
  20. Nakamura, K., Arai, S., & Kawabata, H. (2016/7) Prioritized detection of attractive and romantic partner faces during rapid serial visual presentations International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.
  21. Nakamura, K., & Kawabata, H. (2015/9) Preconscious processing of facial attractiveness under continuous flash suppression International Symposium on the Science of Mental Time, Tokyo, Japan.
  22. Nakamura, K., & Kawabata, H. (2015/8) Preconscious processing of facial attractiveness under continuous flash suppression European Conference on Visual Perception, Liverpool, UK.
  23. Nakamura, K., & Kawabata, H. (2015/7) Facial attractiveness modulates temporal attention in rapid serial visual presentation Asia-Pasific Conference on Vision, Nanyan, Singapore.

国内会議

  1. 中村航洋・浅野正彦・渡邊克巳・尾野嘉邦 (2021/03) 逆相関法による政治家の顔ステレオタイプの可視化 日本認知心理学会第18回大会, 石川県金沢市.
  2. 小林麻衣子・中村航洋・渡邊克巳 (2021/03) セクシュアリティによる性的刺激への反応特性の違い―生物学的性と性的指向の影響 日本認知心理学会第18回大会, 石川県金沢市.
  3. 中村航洋・本波香織・山口あゆみ・渡邊克巳 (2020/10) 男性のコンシーラー使用による見た目の肌質と顔印象への影響 第25回日本顔学会大会, オンライン開催.
  4. 中村航洋 (2020/06) 顔から読み取れる印象と感情のデータ駆動処理モデル化 人工知能学会, オンライン開催.
  5. 齋藤有瑳・小林麻衣子・中村航洋・渡邊克巳 (2020/01/25-01/26) TPOに合わせたメイクとその対人印象の検討 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会, J:COM ホルトホール大分 407会議室 (大分市).
  6. 中村航洋・佐々木恭志郎・渡邊克巳 (2020/1/12) 顔印象の心理学研究から考えるルックス至上主義の世界 第3回犬山認知行動研究会議, 大阪大学(大阪府大阪市).
  7. 中村航洋・Valentina Ticcinelli・Anne-Raphaëlle Richoz・Roberto Caldara・渡邊克巳 (2019/11) 表情表出様式の普遍性と文化的多様性―日本人とスイス人を対象とした異文化比較 日本基礎心理学会第38回大会, 兵庫県神戸市.
  8. 佐々木恭志郎・中村航洋・渡邊克巳 (2019/11) 顔の信頼感/不信感のアシンメトリ 日本基礎心理学会第38回大会, 兵庫県神戸市.
  9. Kawaguchi, Y., Nakamura, K., Kano, F., & Tomonaga, M. (2019/10) The role of facial shape and color in chimpanzee's attention to infant 日本動物心理学会第79回大会, 東京都千代田区.
  10. 小林麻衣子・齋藤有瑳・中村航洋・渡邊克巳 (2019/9/14-15) 文脈に依存したメイクアップとその対人印象の検討 第24回顔学会大会, 北海道情報大学(北海道江別市).
  11. 中村航洋・小林麻衣子・渡邊克巳 (2019/9/14-15) 統計的顔画像解析によるメイクアップ効果の定量化と印象操作 第24回顔学会大会, 北海道情報大学(北海道江別市).
  12. 鑓水秀和・田中みわ子・床呂郁哉・中村航洋・渡邊克巳・金沢創・山口真美 (2019/9/14-15) 文化的差異と集団魅力判断の関係―タブレットPCを用いタイ青少年対象とした検討― 第24回顔学会大会, 北海道情報大学(北海道江別市).
  13. 小林麻衣子・中村航洋・渡邊克巳 (2019/9/11-13) 顔と声に基づくソシオセクシャリティの推定 日本心理学会第83回大会, 立命館大学(大阪府茨木市).
  14. 中村航洋・三國珠杏・Helmut Leder・渡邊克巳 (2019/9/11-13) データ駆動処理による顔魅力評価の普遍性と文化差のモデル化 日本心理学会第83回大会, 立命館大学(大阪府茨木市).
  15. 川口ゆり・中村航洋・狩野文浩・友永雅己 (2019/7/12-14) チンパンジーの乳児選好における顔の形態と色の役割 第35回日本霊長類学会大会, 熊本市国際交流会館(熊本県熊本市).
  16. 中村航洋・渡邊克巳 (2019/5/25-26) データ駆動処理による顔魅力印象の規定要因の検討 日本認知心理学会第17回大会, 京都テルサ(京都府京都市).
  17. 中村航洋・渡邊克巳 (2019/3/7-8) データ駆動処理による顔支配性印象のモデル化 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, 北星学園大学(北海道札幌市).
  18. 小林麻衣子・中村航洋・渡邊克巳 (2018/12/1-2) 性的画像に対するモチベーションにおける性差の検討 日本人間行動進化学会第11回大会, 高知工科大学 永国寺キャンパス(高知県高知市).
  19. 中村航洋・Ticcinelli Valentina・Richoz Anne-Raphaëlle・Caldara Roberto・渡邊克巳 (2018/11/30-12/2) 形態測定学的アプローチによる表情表出の時空間的パターン解析 日本基礎心理学会第37回大会, 専修大学(神奈川県川崎市).
  20. 近藤あき・中村航洋・渡邊克巳 (2018/11/30-12/2) 顔魅力の知覚表象における系列依存性 日本基礎心理学会第37回大会, 専修大学(神奈川県川崎市).
  21. 中村航洋・渡邊克巳 (2018/9/25-27) 顔魅力評価における顔の形態情報と表面情報の相対寄与度 日本心理学会第82回大会, 宮城県仙台市.
  22. 中村航洋・渡邊克巳 (2017/12/1-3) データ駆動型アプローチによる顔魅力の統計モデル構築と魅力の定量的操作 日本基礎心理学会第36回大会, 立命館大学大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市).
  23. 中村航洋・上崎聖子・太田安里・前田真理子・川畑秀明 (2017/6) 日本人女性の顔に対する印象を規定する顔形態の分析 日本認知心理学会, 東京都港区.
  24. 中村航洋・田中拓海・納谷知都・川畑秀明 (2017/3) 連続フラッシュ抑制下における顔魅力知覚と事象関連電位 知覚コロキウム, 神奈川県横浜市.
  25. 三國珠杏・中村航洋・川畑秀明 (2017/3) 視線計測を用いた顔印象の評価過程に関する実験的検討 〜顔の美しさ・かわいらしさ・男性/女性らしさはどのように評価されるか〜 Society for Tokyo Young Psychologists, 東京都新宿区.
  26. 中村航洋・山本浩輔 (2017/3) 日本プロ野球選手のパフォーマンスを予測する顔形態の分析 Society for Tokyo Young Psychologists, 東京都新宿区.
  27. 中村航洋・川畑秀明 (2016/11) 閾下刺激提示法を用いた顔魅力の無意識的処理特性の検討 ―見えていない顔に対する魅力知覚ー 日本顔学会, 東京都台東区.
  28. 三國珠杏・中村航洋・森井真宏・川畑秀明 (2016/11) 顔の美しさ・かわいらしさ・男性/女性らしさはどのように評価されるか ー視線計測を用いた顔印象評価課程の検討ー 日本顔学会, 東京都台東区.
  29. 中村航洋・田中拓海・納谷知都・川畑秀明 (2016/10) 脳波計測による無自覚的顔魅力知覚の脳内処理の検討 日本基礎心理学会, 東京都杉並区.
  30. 中村航洋・新井志帆子・川畑秀明 (2015/11) 魅力顔と恋人顔は時間的注意を捕捉する 日本基礎心理学会, 大阪府東大阪市.
  31. 中村航洋・川畑秀明 (2015/9) 信頼性印象の記憶が社会的同調に与える影響 日本心理学会, 大阪府東大阪市.
  32. 中村航洋・新井志帆子・川畑秀明 (2015/7) 見えていなくても美人は見分けられる? ―連続フラッシュ抑制下における無自覚的魅力評価― 日本認知心理学会, 東京都文京区.
  33. 中村航洋・新井志帆子・川畑秀明 (2015/5) 連続フラッシュ抑制を用いた顔魅力の無自覚的情報処理の検討 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 沖縄県那覇市.
  34. 中村航洋 (2015/5) 連続フラッシュ抑制下における顔魅力評価の無自覚的情報処理特性 記憶・認知研究会, 東京都千代田.
  35. 中村航洋・川畑秀明 (2014/12) 経頭蓋直流電気刺激による美的選好の形成 日本基礎心理学会, 東京都八王子市.
  36. 新井志帆子・中村航洋・川畑秀明 (2014/12) 恋は時を歪ませる? −恋愛対象者の顔刺激提示中の時間認知特性− 日本基礎心理学会, 東京都八王子市.
  37. 中村航洋・川畑秀明 (2014/6) 眼窩前頭皮質への経頭蓋直流電気刺激による美的印象評価の変容 日本認知心理学会, 宮城県仙台市.
  38. 中村航洋・川畑秀明 (2014/3) 選好形成過程における社会的影響 〜他者の選択による選好変化〜 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 東京都文京区.
  39. 中村航洋 (2013/12) 他者の選択による選好変化:顕在記憶と潜在記憶の影響を焦点として 記憶・認知研究会, 東京都港区.
  40. 中村航洋 (2013/12) 顔の魅力による視覚的注意の引きつけ効果の時間的特性 日本基礎心理学会, 石川県金沢市.
  41. 中村航洋・川畑秀明 (2012/12) 選択はどのように選好を変化させるか?〜顔の選好形成過程の潜在性についての検討〜 日本情動学会, 東京都港区.
  42. 中村航洋・川畑秀明 (2012/11) 顔の好みは変えられるか?顔の選択による選好の誘導 日本基礎心理学会, 福岡県東区.
  43. 中村航洋・川畑秀明 (2012/11) 顔の魅力による視覚的注意の時間的変化 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 宮城県仙台市.
  44. 中村航洋・川畑秀明 (2012/10) 顔の選好形成における選択のフィードバック効果 日本顔学会, 東京都足立区.
  45. 中村航洋・川畑秀明 (2012/10) 顔の主観的魅力評価における絶対的価値と相対的価値の脳内表象 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 兵庫県神戸市.

その他

紀要・抄録・技報等

  1. Zhou, Y., Nakamura, K., Murata, A., Watanabe, K., & Watanabe, J. (2019/07) An investigation of the influence of false heartbeat feedback on subjective facial attractiveness IEEE World Haptics Conference 2019, 203-206.
  2. 中村航洋・渡邊克巳 (2019/3/7) データ駆動処理による顔支配性印象のモデル化 信学技報, 118 (487), 47-51.
  3. 中村航洋 (2018/9) 計算モデリングと実験心理学的アプローチによる顔印象知覚メカニズムの探求 基礎心理学研究, 37 (1), 82-85.
  4. 川畑秀明・中村航洋 (2017) 顔魅力への注意過程:高速逐次視覚提示による検討とその利用可能性 フレグランスジャーナル 特集 顔の魅力を科学する, 11 (449), 18-25.
  5. Nakamura, K., & Kawabata, H. (2015) Transcranial direct curent stimulation shapes aesthetic preference The Japanese Journal of Psychonomic Science.
  6. 中村航洋・新井志帆子・川畑秀明 (2015/5) 連続フラッシュ抑制を用いた顔魅力の無自覚的情報処理の検討 信学技報, 115 (36), 121-126.
  7. 中村航洋・川畑秀明 (2014/3) 選好形成過程における社会影響 〜他者の選択による選好変化〜 信学技報, 113 (501), 101-106.
  8. 中村航洋・川畑秀明 (2012/11) 顔の魅力による視覚的注意の時間的変化 信学技報, 113 (299), 73-78.
  9. 中村航洋・川畑秀明 (2012/10) 顔の選好形成における選択のフィードバック効果 信学技報, 112 (238), 25-30.
  10. 中村航洋・川畑秀明 (2012/3) 顔の主観的魅力評価における絶対的価値と相対的価値の脳内表象 信学技報, 111 (500), 211-216.

受賞

  • 中村航洋・川畑秀明,日本基礎心理学会 優秀発表賞 『経頭蓋直流電気刺激による美的選好の形成』
  • 中村航洋・田中拓海・納谷知都,日本基礎心理学会 優秀発表賞 『脳波計測による無自覚的顔魅力知覚の脳内処理の検討』
  • 中村航洋・渡邊克巳,日本基礎心理学会 優秀発表賞 『データ駆動型アプローチによる顔魅力の統計モデル構築と魅力の定量的操作 』
  • 中村航洋・渡邊克巳,公益社団法人日本心理学会学術大会特別優秀発表賞 『顔魅力評価における顔の形態情報と表面情報の相対寄与度』
  • 中村航洋・渡邊克巳,日本認知心理学会 優秀発表賞(技術性評価部門) 『データ駆動処理による顔魅力印象の規定用の検討 ―美しい顔とは女性的な顔なのか?― 』
  • 中村航洋・渡邊克巳,電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ ヒューマンコミュニケーション賞 『データ駆動処理による顔支配性印象のモデル化』
  • 中村航洋・小林麻衣子・渡邊克巳,2019年度 第5回顔・身体学領域会議トラベルアウォード 『統計的顔画像解析による化粧効果の定量化』
  • 小林麻衣子・中村航洋・渡邊克巳,2019年度 第5回顔・身体学領域会議トラベルアウォード 『顔と声を手がかりとしたソシオセクシャリティの推定』
  • 張嫣・中村航洋・渡邊克巳,2019年度 第5回 顔・身体学領域会議トラベルアウォード 『Inward bias in aesthetic experience is driven by gaze and head directions』
  • 中村航洋,日本顔学会 フォーラム顔学2020 輿水賞 『シンポジウム 顔学のトレンドを探る 心理学者が挑む学際科学としての顔学』(共同受賞者,渡邊伸行,瀬尾昌孝,中村航洋,松下戦具)

研究助成

  • 2020-2025年 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(A) 分担 (課題名:「政治的ジェンダーバイアスの包括的研究」)
  • 2020-2024年 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(B) 分担 (課題名:「ビジュアル・イメージの政治的影響に関する実証研究」)
  • 2020-2024年 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(B) 分担 (課題名:「ビジュアル・イメージの政治的影響に関する実証研究」)
  • 2019年-2021年 日本学術振興会科学研究費助成事業 若手 代表 (課題名:「データ駆動処理による顔印象の数理モデル化および定量的顔印象操作法の確立」)
  • 2017年-2020年 日本学術振興会特別研究員奨励費 (課題名:「魅力知覚における無自覚的・自覚的視覚情報処理の認知神経科学的メカニズムの解明」)
  • 2015年-2017年 日本学術振興会特別研究員奨励費 (課題名:「意思決定における選択と選好の循環的連鎖の認知神経科学的メカニズムの解明」)
  • 2013年 日本学術支援機構 大学院第一種奨励金 全額返還免除 (特に優れた業績による返還免除)
  • 小泉信三記念大学院特別奨学生 (給付; 2012年度, 2014年度)
  • 慶應義塾大学大学院奨学金 (給付; 2012年度)
  • 慶應義塾大学奨学金 (給付; 2010年度, 2011年度)

編集委員