村田 藍子
(むらた あいこ)

居室
西早稲田キャンパス59号館4F407-1B号室
TEL
03-5286-3335
E-Mail
専門分野
共感・情動伝染・共同作業・生体計測

経歴

学歴

  • 2009年3月
    北海道大学文学部人文科学科卒業
  • 2011年3月
    北海道大学大学院文学研究科修士課程 修了
  • 2016年3月
    北海道大学大学院文学研究科博士課程 修了
  • 2016年3月
    北海道大学大学院文学研究科博士号(文学)取得

職歴

  • 2011年~2012年
    株式会社 良品計画
  • 2013年1月~2013年3月
    北海道大学大学院文学研究科学術研究員
  • 2013年4月~2016年3月
    日本学術振興会特別研究員 DC1
  • 2016年4月~2017年3月
    実践女子大学 非常勤講師
  • 2016年4月~2017年3月
    早稲田大学理工学術院基幹理工学部表現工学科 客員助教
  • 2017年4月~
    日本学術振興会特別研究員 PD

研究業績

学術論文

英文

  1. Takao, S., Murata, A., & Watanabe, K. (2018) Gaze-cueing with crossed eyes: asymmetry between nasal and temporal shifts Perception, 47 (2), 158-170  LINK     DOI 
  2. Murata, A., Saito, H., Schug, J., Ogawa, K., Kameda, T. (2016) Spontaneous Facial Mimicry Is Enhanced by the Goal of Inferring Emotional States: Evidence for Moderation of “Automatic” Mimicry by Higher Cognitive Processes PLoS ONE, 11 (4), e0153128  LINK     DOI 
  3. Kameda, T., Murata, A., Sasaki, C., Higuchi, S., Inukai, K. (2012) Empathizing with a dissimilar other: The role of self-other distinction in sympathetic responding Personality and Social Psychology Bulletin, 38 (8), 997-1003  LINK     DOI 

和文

  1. 村田藍子, 齋藤美松, 樋口さとみ, 亀田達也 (2016) ヒト社会における大規模協力の礎としての共感性の役割 心理学評論, 58 (3), 392-403.
  2. 村田藍子, 樋口さとみ, 佐々木超悦, 亀田達也 (2014) 人は感受性の異なる他者にどこまで共感できるのか?―生理指標を用いた実証的検討 認知科学, 21 (4), 503-507.

著書・総説

  1. 村田藍子, 亀田達也 (2015) 集団行動と情動 情動と意思決定, 132-163, 渡邊正孝・船橋新太郎, 朝倉書店.
  2. 村田藍子(訳) (2017) 『共感』第9章(Empathy)・『思いやりと利他行動』第10章(Compassion and Altruism) ウェルビーイングの設計論-人がよりよく生きるための情報技術(Positive Computing: Technology for Wellbeing and Human Potential), Rafael A. Calvo, R. A. & Peters, D., 渡邊淳司・ドミニク・チェン(監訳), ビー・エヌ・エヌ新社(The MIT Press. 2014).

招待講演・特別講演

  1. Murata, A., Kameda, T, & Watanabe, K. (2018/1/12) Interpersonal physiological synchrony during dyadic interaction ON WHAT IS IN BETWEEN: an interdisciplinary dialogue around MA (間), Tohoku University, Sendai, Japan..
  2. 村田藍子 (2016/6/18-19) ヒトとヒトの共感の特徴を考える. シンポジウム[注意・知覚]「生き物らしさ,共感性,触覚の感性~おもしろそうな講演3件を集めてみました」 日本認知心理学会第14回大会, 広島大学.
  3. 村田藍子 (2015/10/20) 情動的共感と思いやりの関係を探る 認知社会心理学セミナー, 立正大学.
  4. 村田藍子 (2015/2/20-22) 相互作用場面における「痛み」の共有過程—自律神経反応の同期現象からの検討 1st Neuroeconomics Workshop, 神奈川県相模原市.

国際会議

  1. Yanai, K., Murata, A., Mizutani, R., Ichiboshi, A., Komatsuzaki, K., Thapliya, R., & Watanabe, K. (2018/3/19-22) Evaluating Human-Robot Interaction from Inside and Outside Comparison Between the First-Person and the Third-Party Perspectives The 7th International Conference on Kansei Engineering & Emotion Research (KEER2018), Kuching, Sarawak, Malaysia.
  2. Fedalgo, A., Takahashi, K., Murata, A., & Watanabe, K. (2018/2/1-3) Audiovisual semantic congruency effect with onomatopoeia 10th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST2018), Chiangmai, Thailand.
  3. Murata, A., Takano, Y., Ukezono, M., & Watanabe, K. (2017/7/30-8/4) Social learning of fear from others showing different responsiveness Behaviour 2017, Estoril, Portugal.
  4. Murata, A., Kameda, T., & Watanabe, K. (2017/7/26-29) Bidirectional effect of emotional contagion for pain during face-to-face interaction The 39th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, London, UK.
  5. Murata, A., & Watanabe, K. (2017/2/1-4) Relations between personality traits and empathy for social pain and physical pain 9th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST), Pattaya, Thailand.
  6. Murata, A., Nishida, H., Ohie, K., Kameda, T. (2016/4/5-8) Bidirectional emotional contagion during face-to-face interaction in human The 11th Annual Conference of the European Human Behaviour and Evolution Association, London, UK.
  7. Higuchi, S., Murata, A., Vogt, S., Roberts, N., Sasaki, M., Kameda, T. (2015/6/14-18) Shifting of self and other perspective takings: an fMRI study Human Brain Mapping 2015, Honolulu, Hawaii.
  8. Murata, A., Ohie, K., Higuchi, S., Kameda, T. (2014/4/6-9) Can we share pain with other people? Physiological synchronization during face-to-face interaction The 9th Annual Conference of the European Human Behaviour and Evolution Association, Bristol, UK.
  9. Murata, A., Kameda, T. (2009/5/27-31) Does blocking facial mimicry reduce your empathetic ability? A laboratory test of the embodied emotion The 21st Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Fullerton, CA.
  10. Murata, A., Komuro, T., Ishiyama, M., Takei, H., Morimoto, T., Kameda,T. (2008/6/4-8) What motivates men to do risk-seeking behavior? The 20th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, Kyoto, Japan.

国内会議

  1. 村田藍子 (2017/10/28-29) 相互作用場面における双方向的な情動伝染の影響. ワークショップ「ヒト, ラット, マウス, カイコによる新・社会心理学」 日本社会心理学会第58回大会, 広島大学東広島(西条)キャンパス(広島県東広島市).
  2. 村田藍子 (2017/6/17) 無意識的な情動伝染が生じるダイナミクス 第3回こころと身体の学際会議, 九州大学箱崎キャンパス(福岡県福岡市).
  3. 村田藍子・亀田達也・渡邊克巳 (2017/1/23-24) 2者間インタラクションにおける痛みに対する生理反応の収束プロセス 第 171回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会, 沖縄県石垣市.
  4. 村田藍子・西田洋司・大家慧・亀田達也 (2015/9/18-20) 相互作用場面における苦痛の情動伝染. オーガナイズドセッション「同調,共感,そして社会性をつなぐ」 日本認知科学会第32回大会, 千葉大学.
  5. 村田藍子・西田洋司・大家慧・亀田達也 (2014/11/29-30) 相互作用場面における情動伝染—自律神経反応の同期現象からの検討 日本人間行動進化学会第7回大会, 神戸大学.
  6. 村田藍子・佐々木超悦・樋口さとみ・亀田達也 (2013/11/2-3) 苦痛の共感における情動制御機能―他者の感受性に関する情報が観察者の生理反応に及ぼす影響の検討 日本社会心理学会第54回大会, 沖縄国際大学.
  7. 村田藍子・佐々木超悦・樋口さとみ・亀田達也 (2013/9/12-14) 人は感受性の異なる他者にどこまで共感できるのか?―生理指標を用いた実証的検討 日本認知科学会第30会大会, 玉川大学.
  8. 村田藍子・亀田達也 (2015/12/5-6) 二者の相互作用場面における苦痛に対する感受性の収束過程 日本行動人間進化学会第8回大会, 総合研究大学院大学.
  9. 村田藍子 (2014/9/10-12) 自他間の苦痛の共有過程―自律神経反応の同期現象からの検討. 公募シンポジウム「からだのシンクロニーが生み出す心の絆―動きと共感つなぐメカニズムに迫る」 日本心理学会第78回大会, 同志社大学.

その他

紀要・抄録・技報等

  1. Yanai, K., Murata, A., Mizutani, R., Ichiboshi, A., Komatsuzaki, K., Thapliya, R., & Watanabe, K. (2018) Evaluating Human-Robot Interaction from Inside and Outside Comparison Between the First-Person and the Third-Party Perspectives. Proceedings of the 7th International Conference on Kansei Engineering & Emotion Research (KEER2018), 146 (030), 276-286.
  2. Fedalgo, A., Takahashi, K., Murata, A., & Watanabe, K. (2018) Audiovisual semantic congruency effect with onomatopoeia Proceedings of the 10th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST2018).
  3. Murata, A., & Watanabe, K. (2017) Relations between personality traits and empathy for social pain and physical pain. Proceedings of the 2017 – 9th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST), 284-287..

受賞

  • 2016年 3月 北海道大学 大塚賞 受賞
  • 2015年 12月 日本人間行動進化学会 第8回大会ポスター発表賞 受賞
  • 2014年 11月 日本人間行動進化学会 第7回大会口頭発表賞 受賞
  • 2013年 9月 日本認知科学会 第30会大会発表賞 受賞

研究助成

  • 科学研究費補助金 特別研究員奨励費「‘共感’の心的デザインの再構築 ― 認知・行動・神経基盤の解明」3,600千円(2013年度-2015年度)